信頼関係への疑問

信頼関係への疑問のページを説明

新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

信頼関係への疑問

2011年11月30日


最近の私の関心事は『信頼関係』です。

介護に限らず、対人援助に就く者は必ずと言っていいほど、利用者、患者、クライアントとの間に信頼関係を築くことが求められていると思います。
求められているのは当然、人と人との関わりだからですが、同時に教科書に書かれてもいるからです。
つまり、専門職としての養成段階で「相手との信頼関係を築くことが大切です」と教えられるのです。

しかし、現場で私が教育している後輩とのやり取りから、私はこの信頼関係なるものがよくわからなくなってきました。

ですからこれから『信頼関係』について考えてみたいと思います。



まず、最初にこのテーマを考えるきっかけとなった後輩とのやりとりを書いておきます。

私「お仕事にも慣れてきたようですが、利用者さんとの関係はどうですか?」
後輩「Aさんとはまだまだあまり関係性が築けていないですね。Bさんは私の顔も名前も覚えてくれて少しずつ関係が築けてきたように思います。」
後輩「Cさんはかなり深い話もしてくれるようになりましたし、結構信頼関係ができてきていると思います。」
後輩「Dさんはどう接していいかまだよくわからないです。日も浅いですし、今日はレクにお誘いしても拒否されちゃいました。」
私「今日ちょっとCさんとお話しされている際に、物理的距離もそうですが、距離感が近すぎたように感じたのですがどうですか?」
後輩「え!?距離感ってなんですか!?私はそんなつもりはありませんが。ある程度の関係ができていると思ってるので、そんなに変だとは思いませんが。」

だいぶザックリですがこんな感じのやり取りです。

Cさんは10年来の付き合いをしているケアマネやスタッフに対してもなかなか本音を言わない方です。
その方に対して「信頼関係ができてきていると思います」という後輩に対しては私以上の先輩職員たちも「ん〜〜???」という印象です。



しかし、このやり取りを経て反省してみました。
どうして後輩はCさんと信頼関係ができてきていると感じているのだろう?
どうして自分や先輩は後輩の「信頼関係ができてきていると思います」の言葉に「ん〜〜???」と思ったのだろう?


そこが明確にならないと、教えることも難しいです。
後輩にしてみたら「私はできていると思うのに、先輩の主観で“あなたはまだできてないのでは?”と言われても納得できません。kinsanはできているんですか?できているというならば何をもってできているんですか?」という疑問に応えられません。


後輩のことを考えるためにも、自分自身を振り返ってみます。


私の先輩から入社したてで粋がっていた頃の私の様子を聞いたところ。
「kinsanは今の後輩さんと同じように利用者さんと、悪く言うと馴れ馴れしかったし、フレンドリーが前面に出てたよね、それに妙な自信を持っていたよね(笑)」
「kinsanの場合は人の話を聞かないゴーイングマイウェイタイプだったからタチが悪かったねぇ(笑)」
と懐かしそうに言われました。


後輩と近い部分があるのです。



そんな私と今の後輩に違いがあるとすれば一つです。

利用者さんやご家族に本音をぶつけられた。拒絶された、利用者さんから「kinsanはちょっと微妙ね」と先輩に漏らしそれを聞かされたなどです。

「そんな馴れ馴れしくしないで」
「あなたちょっと違うわよね」
「何か勘違いしてない?」
「おまえにおれの気持ちがわかるのか!?」
「調子に乗るなよ!」
「ふざけないで、真面目に聴いてるの!?」
「あなた嫌いよ」
「金山さん少し違う方向行ってますよ」

その他、何かしてあげるために自分たち介護職がいると粋がっている自分に生身の生きざまを利用者さんやご家族が見せてくれたことです。

嗚咽、号泣、叫び、虚無感、無力、限界、運命、絶望、憎悪、家庭崩壊、諦め


そしてそこから

感動、感謝、発見、再生、出発、区切り、けじめ

等を見せてくれたのです。


つまり現場経験です。

現場経験によって得るものは本当に大きなものです。百の知識よりも一回の体験の方が勝るということもあります。



しかし、このように書くと、後輩に対しては「現場経験を積むうちにわかるようになるよ」という高飛車な言い方しかできません。
また、これまでの介護業界はそのようなフィーリングで体得してきたような部分が多いと思います。現場経験に勝るものはないということは大前提としておきながらも、後進に信頼関係なるものを伝えようとする営みは無駄ではないと思います。

それをしないで、フィーリングと経験談の羅列になってしまっては、教える側としては無責任だと思います。


なので、信頼関係について考えたいと思いました。



今日は今後のために色々と浮かぶ疑問を列挙してみたいと思います。

・信頼関係とは何か?
・介護職にとっての信頼関係とは何か?
・何故信頼関係が必用なのか?
・信頼関係はどうやったらできるものなのか?
・信頼関係の度合いを評価することはできるのか?
・どんな状態の人とでも信頼関係は構築できるものなのか?


色々と考えていきたいと思いますので、みなさんも、是非『信頼関係』についてご意見いただけたらと思います。
少しでも多くの方にこの記事を見ていただけるようにランキングへのご投票よろしくお願いします!あなたの一日ワンクリックの応援、感謝いたします(>o<)
にほんブログ村 介護ブログへ
banner2.gif


介護の専門性新提案の信頼関係への疑問のリンクについて

介護の専門性新提案の信頼関係への疑問のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。