訪問介護のあるある

訪問介護のあるあるのページを説明

新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

訪問介護のあるある

2014年9月26日


訪問介護のあるある。

私はヘルプマン。訪問介護という仕事をかつてやっていました。
雨の日も風の日も自転車をこいで利用者さんのお宅へ向かい、日常生活上のお手伝いをする仕事です。

今日も利用者さんが私を待っている!駆けつけなければ!駆けつけなければ!

訪問介護のあるある。あるある。



大丸1︎雨の日の信号待ち。ふと横を見ると上下カッパを着て、ゴミ袋に包んだ荷物をママチャリの前カゴに入れている人が同じく信号待ちをしていた。この人はきっと同業者のヘルパーさんに違いない。と確信する。


大丸1︎台風の日。キャンセルの連絡がないのでとりあえず予定通り訪問する。そしたら普段いないはずの家族がいて「台風だから今日はヘルパーさんキャンセルって電話したんですよ。わざわざすみません」と言われる。携帯を見ると事業所から着歴が。笑いながら失礼させて頂く気まずさと残念感。


大丸1︎午後三時頃から連続四件の訪問。一件目でコーヒーとケーキ、二件目でお茶と大福。良かった三件目はおせんべいだけ。四件目はもう食べられない晩御飯一式。。。断るのだけれど断れない。

大丸1︎という満腹コースを期待してはいけないのだけれど、若干期待している日に限って、一件も何も出てこないのでコンビニで小腹を満たす。


大丸1︎ありがとうございます!でも、事業所から「お宅では飲食を頂いてはいけないと言われてるのです」と丁寧にお断りしますが、聞き入れぬ利用者さん。「一度出したお茶とお菓子は下げられません!」いやいや、実はその湯呑みに何か浮いているのですが言えないのです。。。


大丸1︎蒸し暑いけど肌寒い梅雨の時期。ヘルパーにとって一番嫌な季節。雨に濡れたカッパを玄関先で脱ぐけれども、脱いだ中身は汗びっしょ。脱いだカッパはゴミ袋へ入れておく。そして仕事終わるとまたそのジッとりカッパを着て次の仕事へ。

大丸1︎その汗びっしょの状態でお宅に上がらせて頂くと、エアコンの除湿が効き過ぎて、風邪ひきそうなくらい寒い。

大丸1︎逆に真夏の猛暑日だけど、クーラー無しのお宅。そしてバッチリ入浴介助。お風呂上がりは利用者さんも私も汗びっしょ。汗を流した後に汗をかく利用者さんは「さっぱりした」とキラキラ笑顔。やっぱり凄いぜ明治生まれ!


大丸1︎先週、訪問記録の残りが無いことに気づき、来週持ってきます!と言ったのに今週も忘れてしまい、結局事業所で書いて持っていくという二三度手間。


大丸1︎月末の締めで訪問記録の山をチェックする。1日ズレていることに気づき全部修正するハメに。


大丸1︎辛い辛い。臨時対応が多い人の実績入力。時間もまちまちだから、一枚の提供表に収まらないくらいたくさん実績を入力。でも要支援の人がいるとその時一瞬癒される。


大丸1︎ちょっぴり床が汚れている素敵なお宅。バッチリ靴下二枚履き。と、入れたはずの二枚目靴下がない!!
一枚の靴下から直に感じる床の素敵な感触。そんな日に限って新しい靴を履いてきてしまっていることに気付くが遅い。


大丸1︎あぁ、代わりのヘルパーさんが手配出来ない︎最後の手段!あの方にお願いして、こうしてここをズラして、そしたらこのヘルパーさんが空くから訪問できる!って頑張って調整したのに、急なショートステイで調整しなくてよかったのに、という結果。


大丸1︎休みの日。緊急の連絡は自分にくる。利用者さんのキャンセル以上にヘルパーさんのキャンセルに不安を募らせる。だからいつも予定表は手元に置いておく。


大丸1︎大嫌い。盆暮れ正月、祝祭日、おまけのついでにゴールデンウィーク。皆お休み希望のヘルパーさん。そうだよヘルプマンの辞書に暦通りなんて言葉はないのさ。


大丸1︎年始の冬の寒い日々。そうだね、あるよね、インフルエンザ。あっちはA型、こっちはB型。タミフル持って連続訪問。感染力が強いから、そうだねタミフル隊員は一人のヘルパーが一人で全部行くんですよ。


大丸1︎人がいない︎それはわかるけどいくらなんでも移動時間無いような訪問組まれても行けるわけないでしょ︎って思うのに、何故か行けてしまった時の罪悪感。


大丸1︎電動自転車、、、のバッテリーが切れた時の虚しさったら。。。


大丸1︎訪問したけど鍵が閉まってる︎呼んでも電話しても応答がない!!焦って不安になって、嫌なことが頭をよぎり、とりあえずベランダをよじ登ったりしようとしてた時にお隣さんと目が合って、、、そしたらご本人さんが散歩から帰ってきて目が合って。


大丸1︎寝たきりの方の全更衣、全身清拭、バイタル、水分補給の身体2。素敵だね、祝日でご親戚が利用者さんに会いに来ていらっしゃる。でもね、ギャラリーたくさんで笑顔と真顔の狭間で身体2を見つめられる空気。緊張するけど燃えるプロ意識。
「良かったねお父さん、ヘルパーさんにさっぱりさせてもらって」という時には額から汗雫。


大丸1︎わかってる。わかってるけど、頼みますよ。お願いだから、出来るだけもっとがんばって!そしてちょっとでもいいから申し訳なさを出して下さい。デイの送迎。


まだまだありそうな訪問介護のあるある。あるある。

少しでも多くの方にこの記事を見ていただけるようにランキングへのご投票よろしくお願いします!あなたの一日ワンクリックの応援、感謝いたします(>o<)
にほんブログ村 介護ブログへ
banner2.gif


Category コラム

介護の専門性新提案の訪問介護のあるあるのリンクについて

介護の専門性新提案の訪問介護のあるあるのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。