認知症予防!ポイントは早期発見

認知症予防!ポイントは早期発見のページを説明

新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

認知症予防!ポイントは早期発見

認知症についての記事シリーズですが、今日は『認知症の予防』について取り上げてみたいと思います。

最初に断っておきますが、現在、世界を見ても『認知症の完全予防』という方法は確立していません。また、これから述べることも“あくまでも”調査や実験によって導き出されたデータであるということをご了承ください。認知症にならないようにする方法というのは2008年正月時点ではまだ見つかっていないのです。また、原因にもよりますが、認知症を完全に治す方法も確立していません。(認知症の種類によっては治るものもあるようですが・・・)



さて、上記のような理由から『現在の認知症予防』とは認知症に“ならないための予防”ではなく、“なることを軽減する”もしくは“進行を遅らせる”ということに焦点を当てています。


認知症については現在マスメディアでもよく報じられており、予防に効果的なこととして下記のようなことが挙げられています。

・魚中心の食生活
・適度な運動
・赤ワイン
・社会的交流を持つこと

逆に認知症になるリスク要因としては下記のようなことが挙げられています。

・高血圧
・高脂血しょう
・糖尿病
・肥満
・高カロリー食
・肉中心の食生活
・体質的な遺伝??

などなど。

なんとなく、生活習慣病に関連するようなことがリスク要因であり、規則正しく、バランスの良い食生活や適度な運動を心がけ、社会との交流を持つことで予防できると見ることができます・・・・



そうなんです。



要は「規則正しく生活することが一番の予防」とせざるを得ないのが現状なんです。

規則正しく生活している人でも認知症になるし、規則正しく生活できないのが現代人です。だから、現状の“認知症にならないための予防”には限界があるのです。



ということで。。。。



じゃぁ、認知症に“なることを軽減する”もしくは“進行を遅らせる”にはどうしたらよいか?



今認知症、特にアルツハイマー型の薬として処方されているアリセプト(塩酸ドネペジル)というものがあります!有名なので聞いたことある方も多いと思います。

そして、これも有名ですが、アリセプトは「認知症治療薬」ではなく、「進行をある程度抑える薬」なのです。
ですから、アリセプトを飲んでいても認知症状バリバリの方がいらっしゃいます。

しかし、進行をある程度抑えられるというのも事実です。


さて、ではアリセプトを服薬するにはどうしたらよいか?




はい、簡単です。病院へ行くのです。




ここが重要ですが、認知症は初期の段階で適切な受診をして、適切な医療処置をしてもらえば、症状の進行が緩まります。また、家族への介護負担も緩やかになり、時間的余裕が生まれ、要介護者への介護に備えることができるのです。
家族が介護サービスを頼んだり、認知症についての情報・知識を入手することで、本人への“適切な認知症ケア”につなげることもできます!
何より重要なことは、認知症と診断された本人が、自分自身と向き合う時間を持つことができ、尊厳の保持や自己決定をすることができるかもしれないのです。


さて、その為に必要なことはまず!!



『早期発見!早期受診!』です。




しかしながら、この早期発見・早期受診がなかなかできないのが現状です。

軽い前兆として「物忘れ」が始まりますが、家族や周りの人も「年のせいだろう」として受診までに至らないことがよくあります。実に2人に1人の割合でそう決め付けるとまで言われています。

また、仮に受診をしたとしても医者の1/3が「軽い物忘れでしょう」「このくらいで受診しないでください」等と言う否定的な対応をしてしまい、適切な処置・ケアにつながることが遅れるというデータもあります。


このような現状の打開、認知症への正しい知識と理解も、予防の重要なキーポイントだと思います。

認知症かな?と少しでも感じたら、または正しい情報収集には下記のホームページがオススメです♪(^−^)♪
『認知症を知るホームページ』
http://www.e-65.net/index.html


余談
皆様!新年明けましてオメデトウゴザイマス!今年も現場にブログにプライベートに頑張っていきますので、応援宜しくお願いします♪
ちなみに、本日誕生日でございます!オメデタイ人間ですf^-^;出会ってきた人、ブログに偶然いらっしゃった方、未だ見ぬ全ての人に感謝して、新年のご挨拶とさせていただきます☆ミ

どうでもいいですが、初夢はガソリンスタンドに灯油を入れに行く夢でした・・・・意味不明です(笑)
少しでも多くの方にこの記事を見ていただけるようにランキングへのご投票よろしくお願いします!あなたの一日ワンクリックの応援、感謝いたします(>o<)
にほんブログ村 介護ブログへ
banner2.gif


Category 認知症

介護の専門性新提案の認知症予防!ポイントは早期発見のリンクについて

介護の専門性新提案の認知症予防!ポイントは早期発見のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
この記事へのコメント
認知症は精神科?心療内科?ですか?                   最近利用者様と接しててアルツハイマーの方は字読めるし職員の言ってることわかります 痴呆の方はまったく職員の言ってることわかりません  あたしは逆じゃないかと思い先輩に聞いたことがあります               脳に関係あるとか…   アルツハイマーの方は薬を飲んで進行を遅らせていると聞きました                  認知って奥深い 言動だけではアルツハイマーとか認知とかはわからないということを知りましたぁ               将来認知ケア専門士を取得したいと思います                            誕生日おめでとうございます(*^_^*) よき一年になりますように                  新年明けましておめでとうございます 今年もよろしくです☆
Posted by ヒイ at 2008年01月03日 22:36
ヒイさんコメントありがとうございます!

アルツハイマーは認知症の一つの型だと認識していましたが、ヒイさんのコメントだと、アルツハイマーと認知症(痴呆)は違うもののようですが・・・?

認知症の中でアルツハイマー型の方が占める割合が高いので、認知症≒アルツハイマーと思われがちですが、脳血管型認知症やピック病等色々あり、それぞれ症状が違ってくるものだと思いますよ。
私もまだまだ未熟ですので日々勉強です!!
Posted by kinsan at 2008年01月07日 07:45
特養にいた時先輩から痴呆とぼけは違うんだよって 痴呆とアルツハイマーは違うものだということは知っていました…       あたしも日々勉強です(@_@;)
Posted by ヒイ at 2008年01月08日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。