介護の専門性とケア論

介護の専門性とケア論のページを説明

ご案内・お知らせ

最新記事!10/21記事up




株式会社ケアワーク弥生
kinsan勤務中!
東京都介護福祉士会Facebookページ
東京都介護福祉士会ホームページ
kinsan活動中
新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

4本柱で考える介護

2010年4月14日『その人らしさ』『日常生活』『尊厳』とは何か?介護の仕事をしながら、常日頃このことを…

ベテラン介護職は何をしているのか?

2010年3月28日私が新卒として入職した5年前、気付き、声掛け、コミュニケーション、対応など、ベテラン…

利用者に対する言葉づかいについて

2010年3月22日利用者に対する援助者の言葉づかいについて考えてみたい。言葉づかいに関しては色々と見解…

楽しければ良いわけではない

2010年3月5日介護に限らず世の中は『楽しさ』ということに価値が置かれている。もちろん私もそれに価値を…

人の内面的変化はどのようにして生まれるか

2010年2月20日排他的に他者を扱う利用者がいる。気の合う仲間だけで集まって他の人を攻撃する利用者がい…

知識の陰と陽

2010年2月13日膨大な知識は人生そのものを豊かにし、時に悩みや課題の解決になる。知識は人を惹きつけ、…

関係性支援のリスク回避

2010年1月18日私は人と人を結びつけたり、修復したり、改善したりする関係性支援が介護では大事な支援の…

主体性を尊重する動機付けの方法・2

2009年12月25日前回の記事『主体性を尊重する動機付けの方法・1』で相手の興味関心を引き出し、それを動…

主体性を尊重する動機付けの方法・1

2009年12月21日前回の記事『『見守り』だけでは主体性の尊重にならない』の続きです。そこでの結論は、そ…

『見守り』だけでは主体性の尊重にならない

2009年12月18日“日常生活上の世話”という文章が変に解釈されて“身の回りのことを何でもやってあげる介…

昼夜逆転と昼寝について

2009年12月11日私は以前認知症の方のグループホームに勤めていました。24時間関われる施設の経験はここし…

地域に開かれた“場”とは何か?

2009年12月3日私の職場であるデイサービスには多くのボランティアが来てくださり、日々の介護を支えてく…

対等な立場に必要なこと

2009年11月17日また別の実習生さんが来てます。定期的に学びにいらしてる大学生の男性です。将来は介護業…

見守りとは何だろうか

2009年10月24日先日新規の利用者さんがいらっしゃいました。他のデイサービスに長い間通い、週一回うちの…

熱心に関わり続ける

2009年9月27日実習生の方々から再確認させられたり、学ぶことはたくさんあります。今日も実習生の方との…

笑顔第一の介護でいいのか?

2009年9月11日『感情労働』という言葉をご存じですか?アメリカのホックシールドという社会学者さんが提…

受け入れられない言動の裏側で

2009年8月25日認知症に伴う周辺症状(最近はBPSDとか行動障害とか古くは問題行動)と呼ばれる…

人との出会いは相手への興味関心から

2009年8月20日一週間ほど大学生の実習生が来ました。しかも韓国からの留学生の方でした。フィリピ…

価値観が変化する人との出会い

2009年8月14日個別支援とかその人らしさを支援するというためにとても大切なものがいくつかあります。そ…

利用者の言いなりか、プロの介護か?

2009年8月6日デイサービスにいらしてる60代男性で、脳梗塞片麻痺の方がいらっしゃいます。Tさんです。T…
当ブログのコンセプト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。