介護の専門性とケア論

介護の専門性とケア論のページを説明

ご案内・お知らせ

最新記事!10/21記事up




株式会社ケアワーク弥生
kinsan勤務中!
東京都介護福祉士会Facebookページ
東京都介護福祉士会ホームページ
kinsan活動中
新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

伴侶が無くなった悲しみをどう受け止めるか

うちの事業所はとっても小さくて、デイはトイレが一個しかなくて、行列ができてしまうところです。でも理…

専門職種のチームケア!

医療>看護>福祉という構図は今でも根強く残っているでしょう。ブログをご覧くださっている方々もこの構…

ターミナルケアでやること

更新できなくてごめんなさい(><)忙しいというありがたい日々を送っております。年度末はどこも大変で…

私が目指す介護は“おふくろの味”

今日実習生からぽつりと質問をされ、それに答えた自分の言い回しが我ながら「あぁ、いいじゃん」と感じた…

受容と共感の危険性〜後編〜

お久しぶりになってごめんなさい!年度末は色々と忙しく、職場のホームページ作成など多忙になってきたの…

受容と共感の危険性〜前編〜

3つ程前の記事で受容と共感の重要性について触れました。この記事に対してVivo la mia Vita様からトラッ…

そもそも受容と共感を何故するのでしょうか?

「死にたい」「早く御迎えが来て欲しい」「何で生きてるんだろう」こんな言葉をおっしゃる利用者さんたち…

エンパワメントされた瞬間

『エンパワメント』とは色々な意味があるようです。福祉・介護業界でよく耳にするのですが、実際どういう…

たまには琴線に触れましょう(^−^)

認知症の人の介護は得意♪という介護職を良く聞きます。私もそうです。得意という意味は色々でしょうが、…

利用者と家族のニーズが異なるケース

介護の仕事をしていると利用者のニーズと家族のニーズが違うという場合がありませんか?わかりやすいとこ…

共感は伝えのるではなく、伝わること

風邪をひいて更新できませんでした。この時期の風邪は辛いです。さて、ブログ読者の方からこんなご質問を…

利用者の行動は常に不思議?なぜ?

今の職場に転職して半年が過ぎました。デイの利用者さんたちからも可愛がってもらって、ストレスも溜まら…

福祉は何も生み出さず消費するだけの人間への施しでもったいない!

先日、小中学が一緒で仲良しの友人と二人で飲みました。友人は某有名大学院生で、春から外資系のコンサル…

介護の専門性は何が必要ですか?

以前ヘルパーをしていた時にこんな方がいました。息子夫婦と同居しているAさん。主介護者はお嫁さん。コ…

子を想う親心と自分の本音。その狭間で

私は介護職なので介護する側の本をよく読みます。介護の本って色々あります。・困った時の対処法・安全な…

喪失の五段階に寄り添った介護

学生の時に障害者福祉論で、精神科医E・キューブラー・ロス博士の「喪失の五段階」というものを勉強した…

福祉・医療関係者、ご家族も全ての方に是非読んで欲しい記事です。介護の根本を書きました!

介護をする上で最も必要な根本的なことを気付かせてくれる記事だと思います。まずは次の詩を読んでくださ…

『介護過程』と介護職の基本

『介護過程』をご存知でしょうか?利用者に介護を提供する上で、介護職が行うべき専門性の一つです。とっ…

高齢者の生活スタイルと介護職の認識のズレ

今日は少し歴史の勉強になるかもしれません(笑)最近利用者と接する中で今までの自分の高齢者へのイメー…

「あぁなったらおしまいね」と言う利用者

週末は飲み遊んでましたf^-^;同業種の大学の後輩の話を聞いて、「あぁ、自分の職場は恵まれた介護現場だ…
当ブログのコンセプト