個別介護日記

個別介護日記のページを説明

ご案内・お知らせ

最新記事!4/217記事up


KAIGO LAB こちらでも執筆中

株式会社ケアワーク弥生
kinsan勤務中!
東京都介護福祉士会Facebookページ
東京都介護福祉士会ホームページ
kinsan活動中
新着記事一覧 〜最新の記事はコチラです〜

小規模多機能と介護予防訪問介護

2015年1月14日小規模多機能に転職して二年弱が経ちます。まだまだこの事業形態のパフォーマンスを最大に…

信頼関係を築くのが一番難しかった利用者さん

2014年1月25日私がこれまでの介護職人生で出会った利用者さんは数百人ほどいらっしゃると思います。その…

揺らぐことができる専門職を目指して

2011年12月18日うちの新卒の後輩が利用者さんとのやり取りで感じたことを共有してくれました。それは私が…

介護職が人のいのちを握る時

2011年10月27日少し前に『介護職は全能なる神か?』という記事を書きました。私たち介護職に限らず専門職…

介護とは?福祉とは?ケアとは?B

2011年8月17日4月に排尿排便垂れ流し、利用料を踏み倒す、生活保護受給者のHさんの記事を2本書きました。…

ヘルプマン

2011年7月7日今日はうちのベテランヘルパーさんが書いた手記を転載したいと思います。ターミナルの利用…

生命への畏敬とその人らしさ

2011年4月14日『その人らしさ』を教えてくださった方がいました。Yさん90代女性。ずっと専業主婦として…

人が人として生きるために必要な承認

2010年4月6日Hさん、60代女性、要介護3。2回脳梗塞をおこし、半身に軽い麻痺がある。100キロの巨漢で…

共感してその後どうする?

2010年3月15日介護職が想像力と創造力を働かせて、共感を行う方法を色々と考えている『共感〜定義〜』が…

初めて生命への畏敬の念を感じました

2010年1月12日昨日亡くなられた利用者のAさんにお線香をあげにいきました。四年程通われた土地の方で、…

ただ寄り添いに行きたかったA

2009年11月27日悪性腫瘍が見つかったHさんへの傾聴ボランティアの続きです。前回の記事はこちらです。『…

不憫な人への理解A

2009年11月24日昨日のSさんのお話の続きです。『不憫な人への理解@』弱々しいSさんがご家族に色々と厳…

不憫な人への理解@

2009年11月23日家庭の事情は私たち部外者が見たくらいでは理解しがたいことも多いです。ましてや親より長…

ただ寄り添いに行きたかった@

2009年11月5日介護の仕事をしているとボランティアとかを積極的にやっているというイメージを一般の人に…

対人援助職としての基本

2009年10月18日Dさん女性、要介護1。ご主人と二人暮らしです。夫婦で長年定食屋さんを営み、多くの人の…

ありのままを受け入れる

2009年9月8日Tさん女性、要支援、80代後半。足が少し悪く長距離歩行はできません。押し車で歩ける感じ…

まだ自分は生きたいんだなぁ

2009年8月16日Mさんは九州出身。九十代の男性です。八十年間九州で暮らしてました。数年前に奥様…

私を受け入れてくれますか?

2009年8月8日他のデイを全て断られ、うちが最後のデイとして紹介されてきたAさんがいます。女性、要介護…

何が一番のニーズか?

2009年6月15日Wさん男性、80代。要介護4。独居。外出時車椅子で、室内は這って移動されてます。腎機能…

痛みに隠された真の痛み

2009年6月10日Aさん、90代女性。要支援2。ほとんど自立で、コミュニケーションも良好。デイでは家事活…
当ブログのコンセプト